浴室のサイズは1坪or1.25坪?

写真はイメージです

新築を検討するとき、「浴室」のサイズでもっとも採用されているのは、1坪です。その次に多いのが1.25坪です。
できるものなら大きい方がいいというのはたり前なのですが、今回は「浴室」のサイズについて考えていこうと思います。

■1.25坪サイズを使う理由
「浴室」が1.25坪の場合、1坪と比較して、洗い場が40cm広くなります。
小さな子供と一緒に入ったり、介護が必要な家族と一緒に入るなどの場合は、1坪では手狭になりますので広いサイズを選択する理由になります。

■1.25坪サイズのデメリット

写真はイメージです

「浴室」のサイズが広いことは良いことかもしれませんが、その分デメリットがあります。
まずは、「浴室」のサイズが大きくなることで、掃除するスペースが増えます。
また、「浴室」が広いことで、なかなか室温があがらず、1坪サイズよりも、寒いと感じることがあるかもれません。
なにより、建築費用が1坪サイズと1.25坪サイズでは、数十万円程度コストアップしてしまいます。

■まとめ
なんとなく、広い方がよいという理由で「浴室」のサイズを大きくした時、デメリットの方が大きいかもしれません。
小さな子供が多くて大変といった場合や、介護が必要な家族がいるなどの理由がなければ、コストやメンテナンスを考慮すると、
「浴室」は1坪サイズが一般的には適しています。

ちなみに、当社の浴室は1坪タイプですよ^^/

9:00~18:00(土・日・祝定休日)

9:00~18:00(土・日・祝定休日)