収納ってどれくらいあれば良いか?

写真はイメージです。

 

「収納」はいっぱいあった方が良いに越したことはないですが、収納を増やしていくと、家もどんどん広くなり、コストがかかってしまいます。

何も考えずに収納を増やしていくと、その分物も増えていくという悪循環におちいりますので、どこになにが必要か整理する必要があります。

 

「収納」率の考え方

写真はイメージです。

 

「収納」は家の面積(坪数)に対して約12%必要です。36坪の家の場合は4.32坪です。

まずはこの「収納」率を目安に考えていきましょう。

 

「収納」よりも物を減らすことを考える

写真はイメージです。

 

「収納」率を確認できたら、次は実際の「収納」です。どこになにが必要になっているのかを整理して、必要のないものは捨てていきましょう。

特に子供のおもちゃなどは場所をとる上にどんどん増えていきます。

「収納」率に対しておもちゃはこれだけと決めておくと整理しやすいです。 食器なども、使わないのにもらいものばかり増えてしまいやすいので、同じようにルール決めが重要です。

「収納」するために「収納」グッズをたくさんかっても、逆に「収納」グッズで場所をとることも失敗のもとです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。「収納」はまずは「収納」率を考え、それに合わせて物があふれないようにルール決めをすることが重要になります。 これから家の購入をお考えの方は、家のプランを作成する段階で、この「収納率」を意識されてみたら如何でしょうか?

 

9:00~18:00(土・日・祝定休日)

9:00~18:00(土・日・祝定休日)