オンライン会議ツールの活用を!

 

総務課の坂本です。

 

最近落ち着きを見せてきたいる、新型コロナウイルスですが

まだ首都圏や大阪圏では油断できない状況が続いています。

 

その中で全国的にもオンライン会議ツールが多用されています。

政府と自治体の会議や、企業の会合などで頻繁に利用されているようです。

特に代表的なものが「Zoom」というツールで、公的機関や企業等で幅広く使われています。画面共有が出来るのも魅力です。

ヒノキヤグループでも、FaceTime,Google Duo, Zoomの使用を推奨しており、お客様との商談でも各ツールが使われています。

FaceTimeはiPhone,iPad等Apple製品に限られますが、一番手軽に感じます。

Google DuoもしくはGoogle MeetはGoogleアカウントが必要になるものの、他所でよく使用されているイメージがあります。

やはり弊社でもよく使用するのがZoomです。有料アカウントであれば時間制限なく使用することが出来ます。画面共有も可能ですし、以前はセキュリティに不安がありましたが現在はアップデートされセキュリティも向上しているようです。

これ以外にもLINE,Skype, ,MicroSoft Teams,Whereby,ベルフェイス等

多くのツールがあり、どれがいいのか迷うところです。

みなさんも機会がありましたら、一度利用してみてはいかがでしょうか?

9:00~18:00(土・日・祝定休日)

9:00~18:00(土・日・祝定休日)